毎月の予算、決めてますか?

お金を計画的に使うためには、家計簿をつけるのがまず第一歩、ということは書きました。
でも、ただ家計簿をつけるだけでは、「今月も赤字」「今月もまた赤字」・・・と、赤字のたれ流しを避ける事ができません。

そこで、家計簿をつけるとともに、おすすめしたいのが「月の予算」をしっかり決めておく、ということです。
例えば水道光熱費。家計簿をつけていれば、毎月の水道光熱費の金額は把握できているはずですよね。そうしたら、1月は電気代がいくらかかるか、8月の水道代はいくらなのか、だいたいわかると思います。
水道光熱費は正直節約してもあんまり切り詰められないのですが、毎月どのぐらいの金額が出て行くのかを把握することはできる。

大幅に切り詰めることができるのは食費ですね。
食費、ただのんべんだらりと使っていると、けっこうな金額になる。
それを月に使える金額の上限を決めておくのです。
そうすれば、無駄にお金を使うこともなくなってきます。
決められた予算内でどのようにやりくりすればいいのか、最初は慣れなくて大変かもしれませんが、慣れてくれば賢い主婦のごとく、無駄のない効率的な買い物で予算内に見事収めることが出来るようになってくると思います。

月々の家賃や水道光熱費といった固定費はほぼうごかないお金。食費なんかは自分の努力である程度切り詰められるお金。そうして余ったお金は一部は貯金に回し、一部は遊興費に使うのもいいでしょう。
やっぱりたまにはご褒美もないと、生活が灰色になってしまいますから。

でも、ご褒美ばっかりあげていてはダメですよ!
あくまでも予算の範囲内で支出できる金額を使うようにしてください。

このようにして、月々の予算を最初に決めておくことで、計画的なお金の使い方をすることができますし、お金がなくなって困った!という事態も未然に防げます。

そして、予算を決める際にひとつヒントをあげるとすると、いざ何かあった時のための予備費をある程度設けておくと、急な出費にも対応できます。
この予備費はそんなに多くの金額を割り振る必要はないのですが、あるとないとでは不測の事態に冷静に対処できるかどうか変わってくるので、設定しておくことをおすすめします。