034

お金を借りるには知恵をつける必要があります

お金は魔物といいますが・・・

昔からのことわざに、「お金は海の水と同じで、飲めば飲むほど喉が渇く」という言葉があります。

つまり、お金はいくら持っていても、もっと欲しい!と思ってしまうものなのですね。
だから、お金に振り回されるような人生を送るのではなく、お金と金銭欲をうまくコントロールしながら生きていく必要がある、のです。

このように、お金を使ったり得たりするのには、きちんとした「知恵」と「知識」が必要です。
それは、お金を借りるときも一緒。お金を借りるなんていうのは、当然リスクを伴うものなので、事前にしっかりとした知識を身につけてから出ないと、あっという間に借金地獄に飲み込まれてしまいますよ。

そういう、お金の知識がないばかりに借金苦に陥っている人が、日本だけでも何十万人もいます。
もしお金に対する知識がしっかりあれば、これらの人は借金苦にあえぐ必要はなかったかもしれないのです!

でも、日本では、まだまだ「お金に対して知識を持つこと」に対して何となく避けてしまおうという気持ちを拭い去れないみたいなんですよね。
「お金を得る」ことを汚らわしく思っているというか。
これは本当に不思議なんですよね。
だって、お金がなかったら、人は一日だって生きていくことができないわけじゃないですか。
なのに、お金を得ることを後ろめたく感じるというのは、なんでなんでしょう。
本当なら、お金については学校の義務教育の必須科目にすべきでは?と思うのですが、あまりにもみんなお金に対して無防備すぎる。

詐欺に合う人もそう。冷静に考えればおかしい!と当然思わなきゃいけないことなのに、「うまい話」があると思い込んでしまうというのは、「お金についてうまい話なんてない」という当たり前のことを教えられてこなかったから。
きちんとしたお金の教育を受けていれば、こうした詐欺の被害も少なくなるはずなのに、国は全然そういうことを防ごうというそぶりもみせず、全部「自己責任」で済ませてしまっている。

そう、今の日本ではお金について、儲けるのも、損するのも、全部自己責任ということになっています。
だったら、今からでも遅くないですから、お金に対して正しい知識を身につけないと、気がついたら借金まみれ・・ということになりかねませんよ。

このサイトでは

このサイトでは、お金に関する様々な知恵や知識を書き連ねていこうと思います。
中でも、お金を借りるときの注意事項について、詳しく書いていくつもりです。
というのも、最近、お金を借りることに抵抗のない若い人たちが増えてきて、ひそかな社会問題になりつつある、ということが見受けられるからです。
こうした、お金を借りることに無頓着な人が増えていることは、お金に対する正しい知識がないことと無関係ではない、と思うからです。
「お金を借りるな」とは言いません。お金を借りることそれ自体は決して悪いことではありません。お金を借りることそのものを忌避するのも、やはりお金に対する知識が不足しているから。無頓着に借りる人たちと根っこは同じなのです。
お金を借りることを否定はしませんが、借りるときには正しい知識に基づいて、ただしく借りましょう。
その知識をサポートするために、このサイトを有用に活用していただければとてもうれしいです。
ぜひ正しくお金を借りてください!

おすすめサイト

当サイトでは、お金を貯める・お金を使う・お金を借りるの3点を軸に解説を進めていますが、こちらのサイトでは、お金を借りることに中心をおいて詳しく書かれています。
内容もとても良いので、ぜひ読んでみてください。